炎上補償(保険)サービスを提供している会社

現代社会において、いつどこで巻き込まれてもおかしくないのが、炎上トラブルです。十分な対策を行っているつもりでも、完璧にガードすることは難しいもの。インターネットが非常に身近になった今だからこそ、会社にとってネガティブな情報は、あっという間に広がってしまいます。

万が一、企業が炎上トラブルに巻き込まれたときには、速やかに適切な対処を行うことが求められます。もちろんコストがかかりますが、この費用負担を支えてくれるのが炎上補償(保険)サービスです。

炎上対策として必要となるコストとは?

企業にとって炎上は、非常に身近なトラブルになってきています。とはいえ、「炎上=お金がかかる」といったイメージを抱く方は、まだまだ少ないのかもしれません。しかし実際に炎上を経験した企業に、その後の対策について聞いてみると、以下のような費用がかさむことがわかります。

・弁護士などへの法律相談費用
・対策会社に支払うコンサルティング費用
・謝罪広告のための費用
・改善広告のための費用

企業が炎上トラブルに巻き込まれれば、売上低下や取引先の減少などが見込まれるもの。しかし実際には、金銭的なダメージはそれだけにとどまりません。より現実な対策費用として、数百万円が必要となるケースも決して少なくないのです。

こうした費用を賄うための保険が、炎上補償(保険)サービスです。炎上トラブルに巻き込まれた際に、その対策のために必要となった金額を、保険で賄うことが可能となっています。炎上トラブルによるリスクが広まると共に、多くの企業に認知され、採用されるようになった保険サービスでもあります。

保険に加入することで、コストを気にせず迅速対応が可能に

いざ炎上トラブルに巻き込まれてしまったときには、できるだけ早期に、適切な対処をすることが重要なポイントとなります。必要なのは、プロの腕です。実際に炎上が起きてしまったときには、どれだけ早期に、プロの手による対策がとれるかどうかで、その後の道筋も大きく変わってくるでしょう。

素早さが炎上対策の基本であるということは、比較的よく知られた事実ではありますが、現実には予算面がネックになり、対応が後手に回ってしまうケースも少なくありません。結果として、炎上による被害がより一層大きくなってしまうのです。

このような場面でも、「保険金が支払われる」という安心感があれば、コストを気にすることなく、「今自分たちに必要な対策」を選んで実施することができます。炎上補償(保険)サービスを利用するには、通常の監視サービス費用にプラスして保険料を支払う必要がありますが、メリットも大きいと言えるでしょう。保険料を含めて、必要なサービスをセットにしたプランも人気を集めています。

業者選びの注意点

炎上補償(保険)サービスを提供する会社を選ぶ際には、どのような場合において補償の対象となるのか、事前にしっかりとチェックすることが大切です。一言で炎上と言っても、その規模はさまざまです。またお金が支払われる状況や金額についても、業者によってその対応が大きく変わってくるものです。その内容について、しっかりと説明してくれる会社であるかどうかをチェックしてみてください。

またこうした補償や保険サービスは、ネット監視サービスや炎上対策コンサルティングサービスとセットで提供されるケースも多いものです。このため、補償や保険の内容と共に、監視サービスやコンサルティングサービスの内容や質に目を向けることも重要なポイントとなります。一般的な相場よりも費用が大幅に安い場合、監視レベル・コンサルティングレベル共に、非常に低いことも考えられます。またせっかく補償や保険に加入していても、万が一のときに補償される金額が少なすぎるプランは、あまり意味がありません。

炎上補償(保険)サービスを提供する会社の選び方としては、まず該当するサービスを提供している会社をピックアップしましょう。その上で、トラブルを予防するためのサービスと、万が一の場合の補償・保険について、両方を厳しくチェックする方法をとるのがおすすめです。

社内の情報漏えいや不正行為の監視に対応できる会社

企業にとってのネット上の脅威は、常に外部からもたらされるとは限りません。現実には、会社の内部からの情報漏洩や不正行為が問題になるケースは少なくないのです。このようなトラブルに対応するためのサービスが、内部脅威に対する各種セキュリティ対策です。

内部脅威の検知が役立つ場面

情報漏洩や不正行為といった、内部の人間による問題行動は、会社全体にも多大なる影響を与えかねません。不審な動きがあれば速やかに対処するべきではありますが、現実的に、社員それぞれの行動を隅々まで監視するのは難しいでしょう。

ネット上の風評被害や誹謗中傷から会社を守るためのサービスを提供してくれる対策会社の中には、内部脅威に対する対策サービスも提供しているところが少なくありません。こちらのサービスを利用すれば、以下のようなメリットが期待できます。

・情報の漏洩を未然防止(悪意がある場合・悪意がない場合)
・ポリシー違反行為の発見
・離職リスクの軽減

対策サービスにおいては、ネット上で行われるさまざまな行動から、社員それぞれの問題行動の兆候や可能性、そしてその動機について把握することが可能となります。システムによる解析を通じて、まずは会社側がそのリスクを把握することで、重大トラブルの発生を未然に防ぐことが可能となります。

また問題行動が見つかった場合には、より大きなトラブルにつながる前に手を打つこともできるでしょう。社内研修を実施したり、積極的に啓もう活動を行ったりと、社員を守るための行動にもつなげていけます。人事異動や面談などのきっかけにし、会社全体の士気を高めることも可能です。

働きやすい職場環境作りにも

社内で起きる問題は、情報漏洩や不正行為だけではありません。長時間労働や各種ハラスメントの横行、メンタルヘルスの悪化に業務時間中の不就労問題など、放っておくのが危険な問題も、非常に多く存在しています。

パソコンの操作やサーバ・ネットワーク利用のログなどを収集し分析すれば、社員それぞれがどのような問題を抱えているかが見えてきます。対策会社によっては、そこからどのようなシナリオが描けるのか、よりわかりやすい形で伝えてくれるところもあります。まだ顕在化していないトラブルの芽を、より確実に把握するためのサポートをしてくれることでしょう。

このような問題を見つけ、会社側が積極的に働きかけて状況を改善すれば、社員にとっても働きやすい食環境を作ることにもつながっていきます。離職率の低下につながるのはもちろんのこと、問題行動をしている社員の把握や不公平感の解消など、会社全体にとってのメリットが期待できます。

業者選びの注意点

社内の情報漏えいや不正行為の監視サービスを選択する際には、信頼できる業者かどうかが、選び方のカギとなります。せっかく対策サービスを導入しても、ログ解析や分析が甘く、トラブル予防につながらないようでは意味がありません。社員の問題行動や異常発生を見逃さずに、しっかりと報告してくれる会社を選ぶことで、さまざまなメリットを実感しやすくなるでしょう。

では、信頼性が高い会社をどう選ぶべきなのでしょうか。迷ったときには、どのような方法で社員の行動を監視し、どう分析しているのか、わかりやすく説明しているかどうかに注目してみてください。さまざまなノウハウにより、納得できる方法でサービスを提供している会社であれば、安心してお任せできるはずです。また、これまでの導入実績に目を向けてみるのもおすすめです。実績の多い会社は、それだけ多くのノウハウを有していると予想できます。

さらに、担当者との間でしっかりとしたコミュニケーションを取れることも重視しましょう。毎月欠かさず問題点や要改善項目などをまとめて報告してもらえれば、より良い環境作りにも生かしていけます。また社内の雰囲気の変化など、経営陣として知っておきたい情報を把握することにもつながるはずです。あらゆる意味で、信頼してお任せできる会社・サービスを選ぶことが大切です。

炎上リスクに備える社員研修に対応できる会社

会社が炎上する原因の一つは、従業員の意識にあります。SNSを通じて、誰でも手軽に情報を発信できるようになった今、軽率な投稿が原因となり、炎上に至ってしまうケースも少なくありません。

SNSはあくまでも「個人が楽しむツール」ですが、企業にとっては思わぬ炎上トラブルに巻き込まれてしまうリスクがあります。こうしたリスクを予防するために重要なのが、社員研修なのです。

SNSに特化したリスクマネジメント研修は非常に重要

企業として、リスクマネジメントのための研修は欠かせないものです。研修で会社としてのルールや社会的なマナーをわかりやすく伝えることで、「知らなかった」「わからなかったから」といった理由で引き起こされる、さまざまなトラブルを予防する効果が期待できることでしょう。

特に大手の企業においては、こうした研修は積極的に行われてきたものです。その中でも、近年注目されているのが、SNSの利用に特化したリスクマネジメント研修となっています。

インターネット社会の発達と共に、どんな人でもごく当たり前に情報発信ができる時代になってきています。しかし身近な人とつながって楽しむ意識が強いSNS上においては、本来公にされるべきではない情報までもが、気軽な気持ちで投稿され炎上の火種になってしまいがちです。

「たかがSNS」とは言えないほどの影響力があり、一つの重大なテーマとして、SNSに特化したリスクマネジメント研修を行うことが望ましいと言えるでしょう。SNSに特化した研修を行うことで、社員に情報発信がはらむリスクについて、より具体的に伝えられるはずです。

具体的にどういった点を学ぶのか

SNSに特化したリスクマネジメント研修は、専門家に依頼するのが一番です。炎上問題の専門家だからこその視点で、わかりやすく研修を行ってくれることでしょう。

対策会社に依頼をした場合、SNSリスクマネジメント研修では以下のような項目を学びます。

・各SNSの仕組みについて
・SNSを利用する際のマナーについて
・炎上につながりやすいテーマについて
・過去のSNS炎上事例について
・いざ炎上が起こってしまった場合の対処法
・コンプライアンス違反となる投稿内容について
・SNSからの情報漏洩リスクについて

SNSを発端とする炎上トラブルは、社員の意図とは全く別のところから発生するケースも少なくありません。SNSが身近になった今だからこそ、その利用方法やテーマについて詳しく学ぶことは、会社だけではなく社員それぞれの身を守ることにもつながります。

炎上して企業としての価値が低下してしまう前に、未然にトラブルを防ぐための研修も活用してみてください。

業者選びの注意点

SNSによる炎上リスクを避けるための研修を、専門の対策会社に依頼する場合、具体的にどのような内容を学べるのかという点が非常に重要なポイントとなります。社員の中には、普段から積極的にSNSを活用している方もいるでしょう。反対に、これまで全く利用したことがないという方もいるはずです。どんな立場の社員であっても、その内容をわかりやすく学んでいける研修が理想です。こうした研修プログラムを提供できる会社かどうかを、見極めてください。

また、一言で研修といっても、そのスタイルは実にさまざまです。重要なのは研修を通じて学ぶだけではなく、社員それぞれの日々の生活に反映してもらうことと言えるでしょう。そのためには、研修のときだけ理解できれば良いのではなく、生きた知識や技術として、しっかりと身につけていく必要があります。「講師が話し、社員が聞く」というだけではなく、アウトプットや試験のようなスタイルも積極的に取り入れているプログラムであれば、より信頼度も高まるはずです。

もちろん、対策会社のこれまでの実績についても注目したいところです。研修や対策に関する実績が豊富であれば、その分信頼度も増していきます。コストだけではなく、研修の内容や質の高さにまで注目して、利用する対策会社を決定しましょう。

Yahoo関連キーワード・サジェスト削除に対応できる会社

日本で一番使われている検索サイトが、Yahooです。非常に便利なサービスである一方で、検索結果に表示されるYahoo虫眼鏡によって、風評被害を受けている……と悩む会社も少なくありません。こうしたお悩みを解決してくれる業者についてチェックしてみましょう。

削除申請に応じてもらえない場合は、専門の対策会社に相談を

Yahoo関連キーワード・サジェストは、自分自身でも削除依頼を出すことが可能です。ガイドライン違反として認められた場合、数日から1週間程度で、問題のネガティブキーワードを削除してもらうことができるでしょう。

自分で手続きをしても駄目な場合には、弁護士に依頼をしてYahoo側に削除を要請するという方法もあります。自分自身の代理人として弁護士を立てることで、より正規な方法でアプローチできるというメリットがあります。ただし弁護士に依頼をすれば、その分コストが発生しますし、一度削除できたからといって、その効果がずっと続くと断言できるわけでもありません。メリット・デメリットを考慮した上で、依頼について検討してみてください。

そもそも「規約違反とまでは言えないものの、会社にとっては損害を与える可能性があるキーワード」については、こうした正規の方法をとっても、削除できる可能性は極めて低くなってしまうでしょう。この場合は、システム的な方面からアプローチする必要があり、そのための助けとなってくれるのが、専門の対策会社が提供するYahoo関連キーワード・サジェスト削除に関するサービスです。

Yahooの場合、ポジティブな検索ワードを大量に発生させることで、ネガティブなキーワードを追い出すことが可能となります。専門家の手を借りることで、スムーズな対応が可能となるでしょう。

定期的なチェックが必須なため、継続的なサービス利用もご検討を

Yahoo関連キーワード・サジェスト削除について専門の対策会社に依頼をした場合、1週間~1カ月程度でその効果を実感できることでしょう。ただし効果が実感できたからといって、すぐに安心するのは危険です。世の中の検索に関する動きは、絶えず動き続けているもの。一度ネガティブなキーワードを追い出すことができたからといって、その状態が長く続くとは限らないのです。

専門の対策会社に依頼をする場合、その後のフォローについても依頼できると、より安心です。Yahooの関連キーワード・サジェストがネガティブワードに汚染されていないか定期的にチェックし、必要な場合には早急に対策をとってくれます。継続的にサービスを利用することで、ランニングコストが発生することにはなりますが、インターネット社会で生き残り、また業務に集中するための必要経費と考えることもできるでしょう。

業者選びの注意点

Yahoo関連キーワードやサジェスト削除に対応できる会社を選ぶ際には、現在起きている問題の解決と、将来起こりうる問題を未然に防ぐためのサービスの両方が提供されることをチェックしてみてください。関連キーワードやサジェストにネガティブなキーワードが並ぶ時間が長くなればなるほど、会社に与える損害は大きくなってしまいます。被害を最小限に食い止めるためにも、ネット監視の上で速やかな行動が求められます。

このように、対策会社を選ぶ際には、自社にとって必要なサービスがきちんと提供されているかどうかを確かめることが重要なポイントとなります。多彩なだけではなく質の高いサービスを提供している業者であれば、何らかかのお悩みが発生した場合でも、安心してお任せできることでしょう。

また、ネット上の情報への対策を行う際には、セキュリティについても気になるところです。非常にセンシティブな問題であり、依頼に関する機密保持がきちんとした形で為されているかどうかも重視してみてください。

信頼できない対策会社を選んでしまうと、問題を収束させるどころか、より一層難しくしてしまうことも考えられます。風評被害への対策を、新たな炎上の火種にしないためにも、慎重な決定を心掛けてみてください。信頼してお任せできる企業は、以下に紹介します。

Google関連キーワード・サジェスト削除に対応できる会社

Googleで自社名や提供サービスについて検索しようとした際に表示される、ネガティブな関連キーワードやサジェストは、対応次第で消すことができます。多くの人がインターネットを通じて情報を収集する今だからこそ、自社のイメージを低下させるキーワードは速やかに消去することが大切です。

Googleの関連キーワード・サジェストの削除は、専門業者への依頼がおすすめ

Googleの検索機能は、世界中で多くの人が日常的に使用しています。自社と関連してネガティブなキーワードが出てしまう場合には、早急かつ慎重に対応する必要があります。

関連キーワードやサジェストは、Googleを利用している人々の検索行動から導かれるものです。検索機能の使い方は人それぞれで、自社の名称と一緒に表示される関連キーワードやサジェストが、必ずしも事実であるとは限りません。興味本位な検索行動からネガティブなキーワードが表示され、結果として以下のような不利益を被ってしまう可能性もあるのです。

・新規採用の難航
・売上の低下
・全く事実ではないにも関わらず、事実であるかのような噂の流布
・会社としての信頼度の低下
・ネット炎上

「事実ではないのだから、放っておけば大丈夫」と考えるのは、非常に危険です。事実かどうかに関わらず、ネット上に表示されるネガティブなキーワードには、素早く対処することが求められます。

自分で削除申請をしても、通るとは限らない

Googleの関連キーワード・サジェストに望ましくない言葉が表示される場合、Googleの法的削除申請の窓口より、削除申請を行うことができます。申請自体は決して難しくはないのですが、Googleが削除申請に応じてくれるのは、以下の2つの条件に合致する場合のみです。

・Googleが規定するオートコンプリートポリシーに違反している場合
・日本の法律に違反する場合

Googleが規定するオートコンプリートポリシーでは、露骨な性表現を含む検索候補や差別的な検索候補、暴力的、または危険かつ有害な行為を助長するような検索候補を違反として定めています。また名誉棄損など、日本の法律に背いている内容も、削除対象となっています。

削除申請は誰でも出すことができますが、残念ながらGoogleから、削除対象外のお知らせが届くケースも少なくありません。また最初から上記2つの条件に合致しない場合には、申請を出しても無駄な結果に終わってしまうでしょう。できるだけ早期に解決するためにも、やはり専門の会社に依頼をするのがベストです。

専門の会社であれば、上記2つの条件に合致しない場合でも、それぞれの独自手法によってネガティブワードの削除ができる可能性があります。

Google削除対応が可能な業者が限られる理由

誹謗中傷風評被害対策を行う会社はいくつもありますが、その全てがGoogleの関連キーワード・サジェストへの対策を行ってくれるわけではありません。

Googleのサジェストや関連キーワードが削除するためには、それがどのような仕組みで表示されているのか理解した上で、ぴったりな解決法を取る必要があります。Googleが採用しているシステムは他の検索サイトとは異なるもので、専用の対策が必要となるのです。

また特にGoogleの関連キーワードについては、更新される機会が年に数回しかありません。1日に1回更新される検索サイトがあることを考えると、対策を行っても結果に反映されにくく、対策会社にとっては対応が難しい案件と言って良いでしょう。だからこそ、Google削除対応が可能な業者は、自然と限られてしまうというわけです。

業者選びの注意点

先ほどもお伝えしたとおり、Googleの関連キーワード・サジェストの削除は、必ずしも簡単な作業というわけではありません。だからこそ、会社を選択する際には、以下のポイントを確認しておきましょう。

・Google関連キーワード・サジェストを削除する方法について
・実際に削除されるまでの期間の目安
・費用について

これらのポイントを確認しないまま、誹謗中傷風評被害対策企業と契約を結ぶのは危険です。契約前には、サイト上で提供サービスの詳細を聞くだけではなく、まずは相談からスタートしましょう。

いくつかの業者で、Googleの関連キーワード・サジェスト削除について話を聞いてみれば、その会社がどのような方法で削除を目指していくのか、しっかりと理解できるはずです。費用が明確であり、また削除方法にも納得できる業者を選択することが大切です。

またコストについては、業者間で相見積もりを取ってみるのも良いでしょう。誹謗中傷風評被害対策を行う会社は、それぞれで異なる料金プランを採用しています。自分のケースで依頼をした場合、費用の目安はいくらになるのかは、実際に見積もりをとってみなければわからないポイントでもあります。こちらについても担当者と相談しながら、チェックしていくのがベストです。

Google関連キーワード・サジェストの削除に対応してくれるおすすめの業者は以下のとおりです。ぜひチェックしてみてください。

2chの書き込みに対応できる会社

2ch(2ちゃんねる)の削除要請はハイリスクローリターンといわれます。労多くして成果が少ないことを指します。

2ch(2ちゃんねる)が示す「削除依頼の注意」には最初にこのような文言があります。

・削除依頼は原則的に公開とさせていただきます。
・郵送や電話やメールなど掲示板以外での削除依頼は一切受けつけておりません.

つまり、削除依頼は掲示板でのみ受け付け、そして削除依頼は公開される。結果として削除依頼をすることでいわゆる2chで「お祭り」の状態になることもしばしばで、2ch(2ちゃんねる)への削除要請が油に火を注ぐ結果になり、労多くして成果が少ない、ハイリスクローリターンといわれるゆえんです。

特に誹謗中傷のたぐいの書き込みをされていた場合、2ch(2ちゃんねる)内の一部の掲示板でささやかれていた誹謗中傷が削除依頼によって世間に大きく報道されることもあるわけですね。

昨今の現状を見てみますと、警察庁のまとめでは、削除要請されたインターネット上の違法情報は2009年から2012年までの4年間で約1万5千件で推移しています。

このうち2ch(2ちゃんねる)に対する削除要請は
2011年は全体の35%にあたる5223件
2012年は577件
となっています。

2011年から大幅に減少した理由は、警視庁が2011年11月に禁止薬物の売買を手助けしたとして麻薬特例法違反の幇助容疑で関係先を捜索。最終的に東京地検は2ちゃんねる開設者らを不起訴処分としましたが、これそれ以降、自主的な削除が増えたり書き込みが減ったりしたからのようです。

不起訴処分になったものの、この書類送検の影響で、2ちゃんねるが要請を受け削除に応じた率は、
2011年 3% 155件
2012年 30% 175件(上半期44%、下半期14%)
で、大幅に削除率は上がりました。

しかし、警察庁が2006年からネット情報の監視を委託している民間団体「インターネット・ホットラインセンター」によると、「インターネット・ホットラインセンター」が通報を受理してから削除要請に従わず、2カ月以上放置されていた2ちゃんねるの違法情報は、
2009年が1227件
2010年が1811件
2011年が5068件
と年々増加。

違法情報の放置件数が多いサイト上位10社のうち、2ちゃんねるを除いた2位以下は33件から11件の間となっており、2ちゃんねるの放置件数の多さが際立っているようです。

警察庁によると、サイト管理者への削除要請はメールで実施しているが、2ちゃんねるについては「全く反応がない」状態ともいわれます。

このようなある意味では無法状態にある2chの削除はかなり慎重によく考えて行われなければならないと言えるでしょう。軽率な行動は先に書いたように火に油を注ぐ結果にもつながりかねないからです。

どうしても放置できない2ちゃんねる内における誹謗中傷については専門の担当者がいる会社にまずは相談してみるのが現在ではもっとも得策でしょう。
(さらに…)

ブログ、掲示板の書き込みに対応できる会社

もし、ブログや掲示板に名誉毀損の内容等の書き込みをされた場合、ブログや掲示板に書かれた名誉毀損の内容は削除できますし、慰謝料の請求も可能になります。

しかし、通常、特に名誉毀損に相当するような内容のブログや掲示板への書き込みは匿名で行われます。つまり、誰がブログや掲示板に書き込んだのかがわからないというのが出発点になります。

ネット上でのこうした誹謗中傷や風評被害に該当するひどい書き込みは、警察や行政がさっさと削除すればいいではないかと思われるかもしれません。

しかし、誹謗中傷をされた被害者には心苦しいですが、「表現の自由」という日本国民には誰でも保障された権利と密接に関わってくる問題もあり、ネット上の情報発信については、発信者の表現の自由を尊重する、そして、その内容は発信者の自己責任を優先する、それらを踏まえて通信の秘密及び個人情報を保護するなどがあり、こうした点がある意味では誹謗中傷を野放しにしているように見える原因となっています。

何ら落ち度のない被害者であっても、この「表現の自由」に端を発する権利と戦う必要が出てくるのが現在のネット上の誹謗中傷に関する戦いとなっています。

ブログや掲示板で誹謗中傷された場合は、該当するブログや掲示板に一度は削除依頼をしてみましょう。

その際、「対象となるブログや掲示板サイトの名前、URL」「誹謗中傷されている掲示板の掲示板名や内容」「誹謗中傷されている掲示板の誹謗中傷に当たると考える書き込みの書き込み番号などやURL」及び「書き込みの内容」などは速やかに証拠として保全しましょう。可能ならばデジカメなどで写真を撮っておくことも有効です。

このとき、のちのちに問題となるのが具体性を伴わないことです。漠然とブログや掲示板全体に対して誹謗中傷しているなどとするのではなく、より具体的にブログや掲示板の書き込みの個所を可能な限り特定するようにしましょう。

まずできるのは誹謗中傷に該当すると思われる箇所を証拠として保全するということです。その上で、ブログや掲示板の管理人へ削除依頼をまずは自らで行ってみましょう。

しかし、最近はこうした削除依頼が無視されることもしばしばです。ここから先は、手続きとしてもかなり面倒なので、苦労して自分でやるか、削除依頼は弁護士に相談することもできます。

(さらに…)

逆SEO対策ができる会社

「SEO」という言葉を耳にしたことがありますよね?

「SEO」は「Search Engine Optimization」の略称で日本語訳では「検索エンジン最適化」と訳されます。簡単に言えば、検索エンジンにおいて、特定のキーワードで検索した際に上位表示されるようにすること。

たとえば検索エンジンで、「渋谷 ランチ」というキーワードで検索した際、渋谷でランチをやっているお店はできる限りこのキーワードで自らのお店が上位表示されることを望みます。もしそのお店がカフェなら「渋谷 カフェ」でも検索エンジンで上位表示されたい。

現在ではこうした各種キーワードで検索エンジンで上位表示されるように対策する会社がたくさんあります。筆者も実際に頼んだりした経験もありますが、このいわゆる「SEO対策」をする業者・会社は玉石混交でお金ばかりを請求する怪しい会社も多数あります。

では、逆SEOとはどんなサービスでしょうか?

悪口などを書かれたサイトやページを目立たないようにするために検索結果の順位を意図的に下げることを「逆SEO」といいます。つまり「SEO対策」の真逆と言ってもいいでしょう。

先ほどの「渋谷  ランチ」のキーワードで検索した際、もし検索エンジンの上位に
「激マズ 行ってはならない渋谷ランチのお店」
などのサイトが表示され、かつそこに自分のお店が表示されていたとしたらどうでしょうか。

最近の消費者は訪ねるお店は50%以上の確率でネットで検索してから訪れます。つまり、悪評や誹謗中傷がある種のキーワードで検索エンジンにおいて上位表示されると、大きな損害を被ることになります。

実際に「激マズ」のお店なら仕方ないだろうというのが率直な感想かもしれませんが、もしあなたがその当事者であれば、決して許せるものではないでしょう。特に長身的な店舗運営をしている自負があるならなおさらです。

逆SEO対策では、こうしたいわれのない誹謗中傷、ブラックな企業風土などの悪評が検索エンジンにおいて上位表示されないための対策です。

現在ではサービスを提供する業者が増えたため、順位が下がった場合のみ費用が発生する成功報酬が多くなっています。

「順位が下がった場合だけ費用が発生するわけですから、リスクは0(ゼロ)ですよ。」

なんて営業トークには要注意です。

(さらに…)

書き込んだ人物を特定することに対応できる会社

匿名性が高いネット社会において、誰もが気軽に情報を発信できるようになりました。それにともなって匿名性ゆえにいわれのない誹謗中傷の書き込みが起こるようになり、それによって実質的な風評被害や損害が出る事例も増えています。

では匿名で書かれた誹謗中傷の情報発信者は特定できないのか?

ネット社会には情報の「発信者」と「受信者」以外にその情報を媒介するプロバイダ、サーバの管理・運営者等が存在します。

誹謗中傷を誰が書いたのかの特定にこのプロバイダ、サーバの管理・運営者等の存在が重要になってきます。

権利を侵害されたと主張する者が当事者間で解決しようとしても、情報の削除の要求に応えない、発信者が誰だかわからないという問題にまずぶち当たり、このためプロバイダ、サーバの管理・運営者等に対して「情報の流通の防止の要求」「発信者情報開示の請求」を行います。

その過程で情報の違法性の判断が難しいとか実際に対応した場合の責任の所在が不明確などの問題が出てきます。

権利を侵害されたする者は誹謗中傷を削除しろと言い、それに従って運営者が削除したら、今度は情報の発信者が自らの表現の自由が侵されたと主張する場合もあるということです。

このため、誹謗中傷に関するブログや掲示板のプロバイダ、サーバの管理・運営者等に対する削除依頼に対して、民事事件ではほとんど発信者情報の開示はされず、被害者救済が困難になります。

こうした問題を解決するためにできたのが特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律です。

この法律では、プロバイダ、サーバの管理・運営者等による自主的対応を促し、 その実効性を高める環境整備が目的で、情報の発信者の責任として他人の権利が侵害されていると信じるに足りる相当の理由があったとき、また権利を侵害されたとする者から違法情報の削除の申出があったことを発信者に連絡し、7日以内に反論がない場合は発信者の情報を削除できるとしました。

これにより発信者の開示の要件は、請求をする者の権利が侵害されたことが明らかであること、また損害賠償請求権の行使のために必要である場合は、情報の発信者の開示請求を求めることになりました。

法律の話をせざるを得ず、少しややこしく感じられたかもしれませんが、誰が書いたのかの情報はわかる可能性が高いといってもいいと思います。その手続きは面倒ですが・・・

ネット上での誹謗中傷において、特に誰が書いたのかがわからずに実際に損害を受け、被害が出ている場合には損害賠償請求うんぬんの話の前にまず発信者が誰なのかを特定する作業を行ったらいいでしょう。

具体的な行動に移す場合ですが、法律に関する専門知識が必要になるため弁護士に相談するのがいいでしょう。

誹謗中傷や風評の監視に対応できる会社

誹謗中傷や風評被害に関する対策をする会社やコンサルティング会社がたくさんできはじめたのはいつ頃からだったのか。最近ではネットの風評被害対策サービスをロボットなどで行うシステムを開発する会社もでてきました。

その1つが株式会社エーディーシーの「ネット風評監視サービス」。これはネット上の風評被害を事前に防ぐことができるというサービスで、具体的には検索エンジンやブログ、掲示板、SNSなどの風評モニタリングを行い、企業の誹謗中傷や情報漏洩など風評被害につながる書き込みを報告してくれるというものです。

これだけ拡がるネット社会を個人が人力で監視するのは難しいのが現実で、検索エンジンがロボットで四六時中ネットの海をさまよい、泳いで情報を拾ってくるのと同じ原理で自動でモニタリングを行って情報を収集してくる。

株式会社エーディーシーの「ネット風評監視サービス」は、事前に想定される風評被害状況を分析し、関連性の高い検索キーワードを抽出、検索結果表示のモニタリングを有人監視にて実施するそうですが、いずれ無人のシステムも開発されることでしょう。

株式会社エーディーシーの「ネット風評監視サービス」のシステムは、初期費用が0円、月額3万円からとなっており、価格的にも導入しやすくなっています。

これからエーディーシーの「ネット風評監視サービス」以外にも、さまざまな会社が「ネット風評監視サービス」を出してくるはずです。株式会社エーディーシーは先発会社でアドバンテージがありますが、問題はネット監視サービスの質です。
(さらに…)

いろいろ比較してわかったこと