炎上リスクに備える社員研修に対応できる会社

会社が炎上する原因の一つは、従業員の意識にあります。SNSを通じて、誰でも手軽に情報を発信できるようになった今、軽率な投稿が原因となり、炎上に至ってしまうケースも少なくありません。

SNSはあくまでも「個人が楽しむツール」ですが、企業にとっては思わぬ炎上トラブルに巻き込まれてしまうリスクがあります。こうしたリスクを予防するために重要なのが、社員研修なのです。

SNSに特化したリスクマネジメント研修は非常に重要

企業として、リスクマネジメントのための研修は欠かせないものです。研修で会社としてのルールや社会的なマナーをわかりやすく伝えることで、「知らなかった」「わからなかったから」といった理由で引き起こされる、さまざまなトラブルを予防する効果が期待できることでしょう。

特に大手の企業においては、こうした研修は積極的に行われてきたものです。その中でも、近年注目されているのが、SNSの利用に特化したリスクマネジメント研修となっています。

インターネット社会の発達と共に、どんな人でもごく当たり前に情報発信ができる時代になってきています。しかし身近な人とつながって楽しむ意識が強いSNS上においては、本来公にされるべきではない情報までもが、気軽な気持ちで投稿され炎上の火種になってしまいがちです。

「たかがSNS」とは言えないほどの影響力があり、一つの重大なテーマとして、SNSに特化したリスクマネジメント研修を行うことが望ましいと言えるでしょう。SNSに特化した研修を行うことで、社員に情報発信がはらむリスクについて、より具体的に伝えられるはずです。

具体的にどういった点を学ぶのか

SNSに特化したリスクマネジメント研修は、専門家に依頼するのが一番です。炎上問題の専門家だからこその視点で、わかりやすく研修を行ってくれることでしょう。

対策会社に依頼をした場合、SNSリスクマネジメント研修では以下のような項目を学びます。

・各SNSの仕組みについて
・SNSを利用する際のマナーについて
・炎上につながりやすいテーマについて
・過去のSNS炎上事例について
・いざ炎上が起こってしまった場合の対処法
・コンプライアンス違反となる投稿内容について
・SNSからの情報漏洩リスクについて

SNSを発端とする炎上トラブルは、社員の意図とは全く別のところから発生するケースも少なくありません。SNSが身近になった今だからこそ、その利用方法やテーマについて詳しく学ぶことは、会社だけではなく社員それぞれの身を守ることにもつながります。

炎上して企業としての価値が低下してしまう前に、未然にトラブルを防ぐための研修も活用してみてください。

業者選びの注意点

SNSによる炎上リスクを避けるための研修を、専門の対策会社に依頼する場合、具体的にどのような内容を学べるのかという点が非常に重要なポイントとなります。社員の中には、普段から積極的にSNSを活用している方もいるでしょう。反対に、これまで全く利用したことがないという方もいるはずです。どんな立場の社員であっても、その内容をわかりやすく学んでいける研修が理想です。こうした研修プログラムを提供できる会社かどうかを、見極めてください。

また、一言で研修といっても、そのスタイルは実にさまざまです。重要なのは研修を通じて学ぶだけではなく、社員それぞれの日々の生活に反映してもらうことと言えるでしょう。そのためには、研修のときだけ理解できれば良いのではなく、生きた知識や技術として、しっかりと身につけていく必要があります。「講師が話し、社員が聞く」というだけではなく、アウトプットや試験のようなスタイルも積極的に取り入れているプログラムであれば、より信頼度も高まるはずです。

もちろん、対策会社のこれまでの実績についても注目したいところです。研修や対策に関する実績が豊富であれば、その分信頼度も増していきます。コストだけではなく、研修の内容や質の高さにまで注目して、利用する対策会社を決定しましょう。

いろいろ比較してわかったこと
対策会社の評価ランキング