Yahoo関連キーワード・サジェスト削除に対応できる会社

日本で一番使われている検索サイトが、Yahooです。非常に便利なサービスである一方で、検索結果に表示されるYahoo虫眼鏡によって、風評被害を受けている……と悩む会社も少なくありません。こうしたお悩みを解決してくれる業者についてチェックしてみましょう。

削除申請に応じてもらえない場合は、専門の対策会社に相談を

Yahoo関連キーワード・サジェストは、自分自身でも削除依頼を出すことが可能です。ガイドライン違反として認められた場合、数日から1週間程度で、問題のネガティブキーワードを削除してもらうことができるでしょう。

自分で手続きをしても駄目な場合には、弁護士に依頼をしてYahoo側に削除を要請するという方法もあります。自分自身の代理人として弁護士を立てることで、より正規な方法でアプローチできるというメリットがあります。ただし弁護士に依頼をすれば、その分コストが発生しますし、一度削除できたからといって、その効果がずっと続くと断言できるわけでもありません。メリット・デメリットを考慮した上で、依頼について検討してみてください。

そもそも「規約違反とまでは言えないものの、会社にとっては損害を与える可能性があるキーワード」については、こうした正規の方法をとっても、削除できる可能性は極めて低くなってしまうでしょう。この場合は、システム的な方面からアプローチする必要があり、そのための助けとなってくれるのが、専門の対策会社が提供するYahoo関連キーワード・サジェスト削除に関するサービスです。

Yahooの場合、ポジティブな検索ワードを大量に発生させることで、ネガティブなキーワードを追い出すことが可能となります。専門家の手を借りることで、スムーズな対応が可能となるでしょう。

定期的なチェックが必須なため、継続的なサービス利用もご検討を

Yahoo関連キーワード・サジェスト削除について専門の対策会社に依頼をした場合、1週間~1カ月程度でその効果を実感できることでしょう。ただし効果が実感できたからといって、すぐに安心するのは危険です。世の中の検索に関する動きは、絶えず動き続けているもの。一度ネガティブなキーワードを追い出すことができたからといって、その状態が長く続くとは限らないのです。

専門の対策会社に依頼をする場合、その後のフォローについても依頼できると、より安心です。Yahooの関連キーワード・サジェストがネガティブワードに汚染されていないか定期的にチェックし、必要な場合には早急に対策をとってくれます。継続的にサービスを利用することで、ランニングコストが発生することにはなりますが、インターネット社会で生き残り、また業務に集中するための必要経費と考えることもできるでしょう。

業者選びの注意点

Yahoo関連キーワードやサジェスト削除に対応できる会社を選ぶ際には、現在起きている問題の解決と、将来起こりうる問題を未然に防ぐためのサービスの両方が提供されることをチェックしてみてください。関連キーワードやサジェストにネガティブなキーワードが並ぶ時間が長くなればなるほど、会社に与える損害は大きくなってしまいます。被害を最小限に食い止めるためにも、ネット監視の上で速やかな行動が求められます。

このように、対策会社を選ぶ際には、自社にとって必要なサービスがきちんと提供されているかどうかを確かめることが重要なポイントとなります。多彩なだけではなく質の高いサービスを提供している業者であれば、何らかかのお悩みが発生した場合でも、安心してお任せできることでしょう。

また、ネット上の情報への対策を行う際には、セキュリティについても気になるところです。非常にセンシティブな問題であり、依頼に関する機密保持がきちんとした形で為されているかどうかも重視してみてください。

信頼できない対策会社を選んでしまうと、問題を収束させるどころか、より一層難しくしてしまうことも考えられます。風評被害への対策を、新たな炎上の火種にしないためにも、慎重な決定を心掛けてみてください。信頼してお任せできる企業は、以下に紹介します。

いろいろ比較してわかったこと